読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温度差解消のために屋根裏部屋にサーキュレータ置いた

f:id:MIZZY:20170202185329j:plain

冬は全館空調のダクトを1階だけ開放して2階は閉じてるけど、暖かい空気は上昇するので、1階よりも屋根裏部屋の方が2〜3℃ほど高くなる。

吹き抜けにシーリングファンつけたらいいですかね、とハウスメーカーの担当営業が来たときに聞いてみたら、サーキュレータ置いてみたらどうですか、と言われたので実践してみた。担当営業に提案されたサーキュレーターの置き場所は、階段横の棚だった。ちょうどコンセントもあるし。

f:id:MIZZY:20170202184905j:plain

吹き抜けと屋根裏部屋は繋がってはいるけど、ここにサーキュレータを置いても屋根裏部屋までは空気が入っていかず、温度差が解消されなかった。そこでトップ画像のように屋根裏部屋にサーキュレータを置いて、吹き抜けに向けて空気を吹き出すようにしてみた。結果、温度差は大きいときでも1℃前後にまで減った。

温度差を解消することで暖房効率が良くなって、電気代が抑えられるかな、と思ったけど、サーキュレータを動かすのに電力使うので、あまり変わらない気もする。